豊胸手術の様々な種類

みなさん、それぞれ体に関するコンプレックスを持っていると思います。
女性の場合には、バストに関する悩みやコンプレックスを抱えている方も、いるのではないでしょうか。
「バストが小さい」と悩んでいる方もいるでしょう。
そんな方の中には、「豊胸手術に興味を持っている」という方もいるのではないでしょうか。

 

では、知っておきたい豊胸手術の様々な種類についてご紹介しましょう。
豊胸手術というと、「バストを大きくする手術だから、一つの方法しかないのでは?」
と思っている方も多いと思いますが、実は様々な種類があるんですよ。
そのため、どういった種類があり、自分に合った手術方法を選ぶことも大切。
どういった種類があるかというと、シリコンバッグを挿入するバッグプロテーゼ挿入法という方法。
自分の脂肪を使用する、脂肪注入法。
ヒアルロン酸を注入する簡単な手術となる、ヒアルロン酸注入法があります。
それぞれ、メリット、デメリットがありますから、これらも理解した上で判断することが必要となります。
「どの方法が良いのだろう?」と思っている方もいると思いますが、
まずは美容外科などで医師と相談してみると良いですよ。
バストの状態や骨格、乳腺や脂肪の状態は、
人によって変わってきますから、医師から的確なアドバイスを受けることが出来るでしょう。

 

「バストの小さいことで、悩んでいる」という方は、
まずは美容外科で相談してみてはいかがでしょうか。
手術方法などによっては、「チャレンジしてみたい」と思われる方も増えるかもしれませんね。
 

豊胸手術の費用

「ずうっと悩んでいたバストを、豊胸手術で大きくしたい」と考えている方もいると思います。
美容外科では、バストが小さいことで悩んでいる方や、
形や垂れなどで悩んでいる方も、豊胸手術により解消することが出来ますからね。
しかし、手術となれば「どのくらいの費用がかかるのだろう?」と心配になる方も多いと思います。

 

では、美容外科での豊胸手術の費用について、ご紹介しましょう。
まず、豊胸手術の費用は、どういった手術方法を選ぶかによっても変わってきますし、
どこの美容外科で手術をするかによっても変わってきます。
そして神戸で評価が高い豊胸技術を誇る美容外科の様な実績ある美容外科を選ぶことをおすすめします。
一般的には、シリコンバッグを挿入するバッグプロテーゼ挿入法の場合には、
50万円から120万円程度。挿入するバッグの種類によって、費用が大きく変わってくることになります。
自分の脂肪を使う脂肪注入法の場合には、
手術自体は30万円から50万円となっていますが、
どのくらいの脂肪吸引を行うかによって、プラスの料金が変わってくることになります。
ヒアルロン酸を注入する、ヒアルロン酸注入法の場合には、
注入量によって変わってきますが、1CCあたり3,000円から6,000円程度となっています。
この費用を聞くと、「ヒアルロン酸注入法であれば、費用を抑えられそう」と思われる方が多いと思いますが、
ヒアルロン酸注入法の場合には、1年から3年程度で効果はなくなってしまいますから、
再度注入が必要となるため、これらも考慮した上で判断することが必要となります。
維持するためには、定期的な注入が必要となるでしょう。

 

このように、豊胸手術はどういった手術方法を選ぶかによって、
費用は大きく変わることになります。

更新履歴